Fri, April 3, 2020

【News】ガシー・レンカー・ジャパン、自販機で青汁販売

 ガシー・レンカー・ジャパン(GRJ)は1月27日、ショッピングモールなどで展開する化粧品の大型自動販売機「プロアクティブショップ」で、健康食品の販売を開始する。販売チャネルの拡大により認知を高め、ニキビケア化粧品ブランド「プロアクティブ」に続く二本柱として育成をめざしていく。

 GRJでは2009年以降、ニキビによる肌荒れの一因として食生活の乱れによる栄養不足があることから健康食品の取り扱いをスタート。現在、12種のビタミンと4種のミネラルなどを配合した「ビタプロ クリアプラス」(4粒×30袋、税込3740円)と、大麦若葉、クロレラ、カワラケツメイなど3種のグリーン成分を配合した「ビタプロ青汁」(3グラム×30袋、同4550円)を取り扱っている。

 当初は既存顧客向けのクロスセルを中心に展開してきたが、販売チャネルの拡大により認知を高めていく考え。今後、商品ラインアップの拡充も視野に入れる。

 健食の展開エリアは、ららぽーと横浜(神奈川)、ららぽーとTOKYO―BAY(千葉県)、アトレ恵比寿(東京都)、イオンレイクタウンkaze(埼玉県)など関東圏内に展開する「プロアクティブショップ」4台。徐々に展開エリアを拡大していく。

 「プロアクティブショップ」は通販になじみのない顧客の開拓を狙い、08年から展開を開始。現在、展開台数は50前後に達している。民間信用調査機関の調べによると、前々期(09年12月期)実績で約5000万円の売り上げがあるとみられている。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.