Sun, November 17, 2019

有力ネット販売各社のリアル店舗戦略の現状

【2011年4月号】有店舗小売業者が通販サイトを構える「クリック&モルタル」は以前からある話だが、近年では通販事業者が実店舗を持つ動きも目立ち始めている。本業の「売り場」である通販サイトに引き込むための拠点として、知名度を高めるためのアンテナショップとしてなど狙いは様々。しかし、これまで無店舗で商売を行ってきた通販事業者にとって店舗運営は未知の領域でそう甘いものではなさそうだ。実際、狙い通りの効果が得られないばかりか、そうそうに店をたたんでしまう事業者も少なくないのが現状だ。実店舗を運営する有力ネット販売実施企業各社に「リアル店舗」の戦略や現状を聞いた。

事例研究1【オイシックスの場合】

サイトのコンテンツ活用し相互送客

事例研究2【セシールの場合】

店舗からネット販売・カタログに誘導

事例研究3【オットージャパンの場合】

第3のコア事業に、百貨店との連携強化

(続きは「月刊ネット販売」2011年4月号で) ご購読はこちらからどうぞ。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.