Thu, November 23, 2017

【News】楽天、小田急百貨店で東北店舗の物産展開催

百貨店で物産展を実施して東北の復興を支援する(写真は楽天が以前、別の百貨店で行った物産展の様子)

楽天は6月23日から28日までの6日間にわたり、小田急百貨店新宿店で、東日本大震災の被災地となった東北地方の復興支援を目的とした物産展を開催する。東北エリアの「楽天市場」出店店舗が出展するもので、楽天は売り上げの1%分を義援金として寄付。東北の経済復興への貢献を目指す。

開催するのは「楽天市場 東北グルメ応援市」。小田急百貨店新宿店の催事場で、午前10時から午後8時半まで開催する。最終日は午後7時閉場。

同物産展では「楽天市場」に出店する東北エリアの約20店舗が出展。福島の水産加工品や宮城の牛タンなどを販売する計画だ。具体的な商品は6月中旬をメドに決定する予定。小田急百貨店を選んだ理由としては「双方のタイミングが合致したため」(楽天)とする。

楽天は、開催期間中の売り上げの1%分を義援金として寄付する。寄付先は現在「検討中」(同)。また、小田急百貨店は出店条件を通常より1%ポイント優遇。出店者を支援する。

楽天では震災以降、東北地方の特産品を検索できるページの開設や、「楽天オークション」でユーザー参加型のキャンペーンを展開するなど、復興支援を積極的に実施しており、今回の物産展もそうした支援の一環。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.