Mon, November 20, 2017

【EC動向】ジェイド、靴のセレクトショップが出店

ジェイドは3月16日、運営する靴の通販サイト「ロコンド」で、テクストトレーディングカンパニーが運営するスニーカーのセレクトショップ「チャプターワールド」など3ショップの商品の取り扱いを始めた。同ショップは「ナイキ」などナショナルブランドを販売しており、人気ブランドの品ぞろえ強化につなげる狙い。

新たに取り扱いが決まった「チャプターワールド」と「アトモス」「キネティックス」の3ショップは直営の通販サイトを運営しており、昨年10月にアパレル大手のワールドが「ロコンド」に出店したケースと同様、ショップインショップ型(モール型)で「チャプターワールド ロコンド店」を展開する(画像)。

当初は、「ナイキ」や「リーボック」「プーマ」といった有名ブランドのスニーカーやバッグブランド「ポーター」の商品など500品目を販売。とくに、「ナイキ」などは「チャプター」向けの別注商品をメーンに扱って競合との差別化につなげる。
また、順次、取り扱いブランドを拡充するとともに、「チャプター」が扱うウエアなどアパレルラインの一部も「ロコンド」で販売する計画だ。

同社では、アパレル商材についても99日間の返品無料サービスを適用。先行するバッグと同様、商品に大きなタグを付けて配送し、これを外すと返品できない仕組みとする予定だ。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.