Sat, July 11, 2020

【EC動向】セレクチュアー、住宅購入者に雑貨販売へ

セレクチュアーは4月12日から、三井不動産と連携し、不動産購入者向けに日用雑貨を販売する。住宅購入に伴い生活雑貨へのニーズが高まると判断。不動産購入者向けの会員サイトを通じて自社通販サイトに送客し富裕層の開拓を目指す。

セレクチュアーは三井不動産が運営する住宅購入者向け会員サイト「三井のすまいLOOP」に自社通販サイト「アンジェウェブショップ」のリンクを開始した。「三井のすまいLOOP」のショッピングカテゴリーやスペシャルコンテンツのほか、プレミアムリンク、ギフトなどの各コーナーで露出し、自社通販サイトに誘導する。

セレクチュアーは三井不動産の顧客に、デザイン性の高い食器や照明、クロスなどの生活雑貨や母の日などのギフト商品など1万8000アイテムを販売する。三井不動産の住宅購入者向けフリーペーパー内で、認知度向上を図る。購入金額に応じた送料無料サービスや、クーポンコードによる割引特典などを告知した。

立ち上がりは好調で、「三井のすまいLOOP」経由でのアクセスが増加しているという。

「三井のすまいLOOP」は三井不動産グループでマンションや一戸建て住宅を購入した23万世帯に向けて展開。ショッピングカテゴリーにはセレクチュアーのほか、ビックカメラや大正製薬、光文社の「VERY MARKET」が参加している。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.