Tue, July 14, 2020

【EC事件】アメックス、アマゾン購入者に100倍の誤請求

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は5月7日、同社のクレジットカードを使って4月26日から5月4日にかけて通販サイト「アマゾン」などで決済した複数の人に、本来の買い物代金より多額の請求が通知されていた、と発表した。「本来の請求金額の100倍の金額が請求されていた」(アメックス広報)という。

アメックスの発表によると、誤請求が発生したのは「アマゾンを含む数社」で期間中にアメックスのクレジットカードを使って買い物をした人。実際に誤請求があった人数は明らかにしていないが「お客様から数多くのお問い合わせを頂いた」(同)としており、一定数に及ぶ模様。また、アマゾン以外の数社については明らかにしていない。逆にアマゾンだけ具体的な社名をあげた理由については「中でも件数が多く、ネット上のSNS等でも誤請求があったユーザーの投稿などが多くあがっており公表した」(同)という。なお、誤請求に伴って、誤った額が銀行口座から引き落とされた利用者は「確認されていない」(同)という。

誤請求の原因については「調査中」(同)としているが、アメックスのよれば、アマゾンなどと契約する米国の決済代行会社の「チェイスペイメントテック」から、アメックスに送られた請求データの一部が、「実際の金額の100倍になっていた」(同)ことから、チェイス側のシステムに何らかの異常があった模様だ。なお、不具合は5月5日までに解消しており、現在は問題はない、としている。

アメックスでは今後、誤った請求を行った人に正しい利用明細を個別に案内していくとしている。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.