Tue, July 7, 2020

ネット販売の権利認める高裁判決に国が上告

高裁での逆転判決を受け、会見するケンコーコム後藤社長

省令で第1、2類医薬品のネット販売を禁止するのは違憲などとし、ケンコーコムとウェルネットが提起していた行政訴訟の控訴審で、東京高等裁判所(三輪和雄裁判長)は4月26日、1審判決の一部を取り消し、ケンコーコムなど控訴人側に医薬品ネット販売を行う権利を認める逆転判決を下した。1審では、原告側の訴えが全て退けられたが、控訴審では省令の当該規定は改正薬事法の委任範囲を超え違法と判断した。これに対し、国(厚生労働省)側は、高裁判決を受け入れ難いとして5月9日に最高裁判所裁へ上告。医薬品ネット販売規制を巡る行政訴訟に決着がつくまでには、さらに時間を要することになりそうだ。

(続きは「月刊ネット販売」2012年6月号で) ご購読はこちらからどうぞ。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.