Sat, September 22, 2018

バルクオム 山手線で動画広告、ブランドの世界観を表現

メンズスキンケアの通販を行うバルクオムは2月26日、ブランドの世界観を表現したコンセプトムービーの放映を始めた。都内のJR山手線で展開するほか、ユーチューブでも流す。これにより自社ブランドの認知を図る。
展開する男性用スキンケアブランド「BULKHOMME(バルクオム)」は、メンズスキンケアに対する既存の価値観の転換、男性層の日常利用の定着を目指し、「THE BASIC(ベーシック)」というコンセプトを掲げる。
放映動画もその世界観を体現したもの。「THEBASIC in A DAY(いつもと変わらない、特別な一日)」をテーマに、出演男性の「ベーシックな1日」をドキュメント風に切り取った映像で「バルクオム」の世界観を表現した。映像にメンズスキンケアのベーシックを確立していきたいという会社の想いを重ねた。
出演は、柔術家の岩崎正寛氏、グラフィックデザイナーのWIN氏、振付演出・ダンサーの野口量氏、モデルのPATRICIO氏、DJのMIDORIAOYAMA氏など、ファッションやアート、音楽、エンターテインメント分野などで活躍する5人の男性をキャスティングした。
動画は、都内のJR山手線新型車両で2月26日から放映を開始。第一弾(2作品)は3月5日まで放映する。その後、3月中旬、4月をめどに順次放映していく。
現在、スキンケアに対して抱く男女の価値観は大きく異なる。女性が日常的な肌のケアを目的に使うのに対し、男性は使用実感を重視する。市場にあるメンズスキンケアの多くも使用感や香りを重視した商品設計に偏ったものが少なくない。
こうした中、「バルクオム」は、メンズスキンケアに対する従来の価値観の転換を目指し、2013年に発売した。商品は通販のほか、全国約500店の小売店、ヘアサロンへの卸を行う(昨年11月時点)。これまでシリーズで累計100万本以上を出荷し、通販サイトでは5万人以上が購入する(同)。

タグ:

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.