Mon, August 20, 2018

ローソン コンビニ受取で当日配送、店舗網活用し生鮮品販売

ローソンは3月6日、生鮮品などをコンビニ店頭へ受注当日に配送するサービスを開始した。専用アプリで受注し、商品の決済と引き渡しをコンビニの店頭で行う仕組み。既存の店舗網と物流網を活用して配送し、生鮮品のネット販売のリードタイムの短縮を目指す。突発的なニーズを想定し、生鮮品のネット販売とは異なるユーザーニーズに対応する。同サービスによる1店舗あたりの1日売上高は4500円をめざし、3件の利用を想定する。
開始したのは「ローソン フレッシュ ピック」。品ぞろえは500商品で、生鮮品や日配品、調味料、食材がセットになったミールキットなどに絞り展開する。美と健康をコンセプトとする「ナチュラルローソン」や、成城石井などの食品ブランドの商品も取り扱い、通常のローソン店頭では販売していないものも取り扱う。
ターゲットは共働きの主婦やシニア層を想定する。注文は専用アプリで受け付け、1000円以上の購入予約を条件に利用できる。1人あたりの客単価は1500円程度を見込み、当日の夕食や翌日の朝食、弁当などのニーズに対応する。
午前8時までの注文分は、当日午後に指定した店舗に納品する仕組み。ユーザーは当日の午後6時以降に、店頭で代金の支払いと受け取りができる。ユーザーの不在に伴う再配達のストレスや、配送に対する心理的負担を軽減し利用を促す。
まずは東京の世田谷区や渋谷区、神奈川の川崎市や横浜市の200店舗でスタートする。商品は専用バッグに入れて引き渡すため、スペースが小さい店舗でも対応可能だという。商品の受け取りを理由に、コンビニ利用頻度が低い主婦の来店を促し、店頭商品のついで買いを獲得したい考え。今後、展開エリアを首都圏に拡大し、全国展開の検討もすすめる。
新サービスは、既存の生鮮品のネット販売「ローソンフレッシュ」と、異なるニーズに対応する。「ローソンフレッシュ」は8000商品をラインアップする。ユーザーが指定した日時に届けるほか、週1回の定期宅配を展開。配送リードタイムが発生するものの、豊富な品ぞろえを強みに、まとめ買い需要に対応していく。「ピック」とは異なるユーザーニーズに対応し、差別化していく。

タグ:

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.