Sat, July 21, 2018

スタートトゥデイ PBにビジネススーツ、シャツとセットでお試し価格

スタートトゥデイは7月3日、都内の会場でプライベートブランド「ゾゾ」の新ラインアップを発表した。PBで初のフォーマルアイテムとなる「ビジネススーツ」と「ドレスシャツ」を投入したほか、カジュアル商品の品ぞろえも拡充した。
ビジネススーツとドレスシャツは、購入者の体型にもっとも近いサイズパターンの商品を選んで提供する従来のパターンオーダーとは異なり、採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」で計測した体型データをもとに注文を受けてから顧客一人ひとりの体型に合わせて作る完全オーダーメード商品で、ビジネススーツは最短1~2週間で届ける。
ビジネススーツは税込3万9900円、ドレスシャツは同4900円だが、多くの人にテーラーメード感覚のフォーマル商材を体験してもらうため、まずはスーツとシャツをセットにし、お試し価格の同2万4800円で販売。今後、スーツとドレスシャツは単品でも販売するほか、フォーマルやビジネスシーンに欠かせないネクタイ(同2500円)も8月上旬に販売を始める計画だ。
一方、カジュアル商品では「VネックTシャツ」(同1200円)と「ストレートデニムパンツ」(同4900円)などメンズ3型、ウィメンズ4型を7月3日に投入した。
同社では、体型データとオンデマンド生産機器をかけ合せることでパーソナルな生産ラインの構築を目指すとしており、例えば、島精機製作所とコラボして縫い目のないニット製品の開発を進めており、秋口にも投入する計画という。
発表会にPBのビジネススーツを着て登壇したスタートトゥデイの前澤友作社長は、「サイズ問題は世界70億人のファッションの共通課題」と改めて強調(画像)。”人が服に合わせる時代から、服が人に合わせる時代”のPB「ゾゾ」でグローバル市場を開拓する。同日から72の国・地域へのオンライン販売をスタートし、同月20日までは採寸用ゾゾスーツとPBのTシャツ、デニムパンツの3点をセットにし、抽選で10万人に無料配布するキャンペーンを実施する。
また、仕様変更に伴って、発送が大幅に遅れていたゾゾスーツは7月3日までに55万枚強を配布。7月中には約100万枚を配布する見通しという。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.