Sun, May 26, 2019

千趣会 チャットでインテリア提案

千趣会は8月27日、通販サイト「ベルメゾンネット」内のインテリア・雑貨ショップに双方向の”サロン型EC”を目指した取り組みの一環としてインテリアコーディネーターによるオンラインチャットサービスを始めた。

「ベルメゾンインテリア相談」は、インテリアに関する要望や悩みをスマホやパソコンから気軽にチャット上で相談できるサービスだ。
「ベルメゾンネット」で販売する「家具・収納」「カーテン・ラグ・ソファーカバー」「寝具・布団・ベッド」「キッチン用品・調理器具」「バス・トイレ・掃除洗濯・タオル」「インテリア雑貨・スリッパ」の各カテゴリーの掲載商品約1万9000点の詳細ページに進むと、ユーザーの画面にチャットへ誘導する案内が出てくる。利用者は案内をクリックするだけで、インテリア販売の経験豊富なオペレーターとつながって相談できる(画像)。
利用可能時間は毎日午後6時~11時で、今回、千趣会はチャット接客で実績を持つ空色とパートナーシップを結び、同社が提供するオンラインチャット接客サービス「OK SKY」を活用。「ベルメゾンインテリア相談」のサービス化に当たっては、空色がインテリア販売専任の人材を採用し、有人対応ならではの質の高い接客を行うという。今後は、チャットを介したインテリア接客情報や購入情報の蓄積からインテリアチャットAIを開発し、有人対応と組み合わせることで、より多くの利用者に対応できるようにしたい考え。
千趣会の調査では、引越しなどライフステージの変化がインテリア購入の動機となるものの、「自分に合うインテリアを買いたいが具体的に何を買えばいいか分からない」といった悩みが多く、また、「3LDKでダイニングが狭い」「北欧っぽいテイストが好き」といった大まかな要望でインテリア購入を検討しているケースが多いことから、チャットでプロのオペレーターがさらにヒアリングを行い、具体的にコーディネート提案することで安心感を高める。

タグ:

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.