Wed, December 12, 2018

えがおと大正製薬 女性向けサイトで攻勢

健康食品通販で「女性専用サイト」の立ち上げが相次いでいる。通販大手のえがおは今年7月、公式の通販サイトとは別に、従来の顧客基盤と異なる30~40代の女性向けサイトを立ち上げた。大正製薬も今年10月、女性の美容に関するトータルサポートを目的に”内外美容”をコンセプトにした情報サイトを開設。いずれも美容に関する情報のほか、専用商品の通販も行う。互いにコンセプトの近い青汁飲料の展開を行っており、両サイトの会員獲得競争が激化しそうだ。

えがおのサイト「EgaoBeauty」では、ヨガ動画など美容に関する情報を配信。今後、健康レシピやコラムなどコンテンツの充実を図る。

11月1日には、ウェブ限定で「BEAUTY BODY CONTROL Faiber Green(ビューティーボディコントロール ファイバーグリーン)」(=画像㊤、30袋、税込4104円)を発売した。食物繊維や、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が摂れる抹茶味の粉末タイプの青汁飲料。このほか、これまで中高齢向けに展開していた「すっぽん黒酢」や「黒ごま黒酢」、マルチビタミンやヘム鉄、亜鉛、葉酸などの基礎サプリシリーズも”インスタ映え”などを考慮し、若年層の女性が親しみやすいウェブ限定パッケージに変えて展開している。

今後、インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどSNSを通じた情報発信を呼び水に、サイトアクセスの向上を図っていく考え。

大正製薬が公式通販サイトと別に立ち上げた「TAISHOBEAUTY ONLINE(タイショービューティーオンライン)」も、これまでアプローチできていなかった20~30代の女性層獲得を視野に入れたもの。美容コラムなど、情報サイトの側面を持ちつつ、限定商品の展開で、従来の通販サイトとは独立して会員獲得を進める。

独自商品として発売した第一弾は、国産緑黄色野菜や植物性乳酸菌などを配合した美容飲料「ベジ抹茶」(=画像㊦、20袋、税込2678円)。今後も独自商品を中心に、ラインアップの拡充を図っていく。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.