Sun, January 20, 2019

KCFとルクサ 4月に合併へ、KDDIのEC事業を再編

KDDIグループで仮想モール「Wowma!(ワウマ)」を運営するKDDIコマースフォワード(KCF)と、タイムセールサイト「LUXA(ルクサ)」を手がけるルクサ(同、小尾司朗社長)は2019年4月1日に合併する。KDDIではグループのEC関連子会社2社を1社に集約・再編することでコマース事業の強化を推進したい狙いとみられる。

合併ではルクサが存続会社となるもよう。合併後の新会社にはKCFの八津川社長が代表取締役社長に就く。なお、新会社の商号やルクサの村田聡会長らの役職などは現時点では未定という。

KCFは16年12月にディー・エヌ・エー(DeNA)グループが運営していた仮想モール「DeNAショッピング」と「auショッピングモール」の事業を承継し、4000万品以上の商品をそろえる仮想モール「ワウマ」の企画・運営を行っている。

一方のルクサは10年8月からタイムセールサイト「ルクサ」のほか、15年8月からはauユーザー向けのショッピングサイト「au WALLET Market(ウォレットマーケット)」の運営も行っている。そのほかにも高級レストランの会員制予約サービス「LUXA RESERVE(リザーブ)」や、セレクト雑貨を扱う実店舗も手がけている。

KDDIでは「通信とライフデザインの融合」という戦略を掲げており、ライフデザイン事業の1つであるコマース事業の強化を進めている。KCFとルクサの経営を統合することで「リソースや経験・知見を集約し、モールと直販事業の最大化とスピードアップを図っていく」(KDDI)としている。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.