Wed, March 20, 2019

小田急電鉄の新宿ミロード ブログ連動型のEC開始

小田急電鉄は3月11日、新宿駅南口直結のファッションビル「新宿ミロード」で、公式ショップブログの掲載商品をEC購入したり、店頭取り置きができるサービスを開始した。

新サービス「Buy MYLORD(バイミロード)」は、同社直営の商業施設では初となるブログと連動したECサービスで、消費者の購買行動の変化に対応し、パルコデジタルマーケティングが手がける「カエルブログ」の仕組みを導入。商業施設に入るテナントが店頭在庫をECで販売して店頭に売り上げ計上する形となる。

具体的な流れは、ブログで紹介されている商品を気に入った場合、「WEB注文&お取り置き」ボタンをクリックすると、WEB注文の場合はクレジットカードやコンビニ決済、楽天ペイなどに対応し、決済完了から7日以内にショップから直接購入者に商品を届ける(画像)。

取り置き予約を選択した場合、消費者は1週間以内に来店して確認用のメールを見せれば当該商品を試着でき、キャンセルも可能だ。取り置き期間を過ぎるとキャンセル扱いとなる。

「バイミロード」はファッションブランドの「プードゥドゥ」や「フランシュリッペ」、雑貨の「レイジースーザン」「ジュエルナローズ」など7店舗を対象にスタート。順次、対応ショップを増やす予定だ。

小田急電鉄は新宿ミロードの顧客層がECと親和性が高い20代が中心であることや、取り置きサービスの利用を念頭に、乗降者数の多い新宿に店を構える同施設に新サービスを導入。当面は他の商業施設への横展開よりも新宿ミロードの対象ショップ充実を図る考え。

タグ:

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.