Mon, June 17, 2019

アマゾンジャパン 家具配置確認できる機能実装、商品の原寸大3D画像表示

アマゾンジャパンは5月8日から、実際に設置したい場所に商品の3D画像を配置できる機能「ARビュー」を導入した。「ARビュー」は2017年から米アマゾンで実装後、昨年には英、仏、独などの欧州各国のアマゾンでも導入しており、日本は7カ国目の導入となる。

同社が配信するスマホアプリ「Amazonショッピングアプリ」(iOS版、アンドロイド版)に実装したAR(拡張現実)技術を用いた新機能で当該アプリ内の家具などの商品の詳細ページの商品画像の支部にある「部屋に表示(ARビュー)」をタップし、起動したスマホのカメラを通じて当該商品を設置したい場所に合わせて画面上の青い円をタップすると、自動的に商品の大きさを調整し、当該商品の原寸大の3D画像を画面上に正しい縮尺で表示する(=画像)仕組み。配置場所の向きの変更も自由で実際に部屋に商品を設置したように360度、様々な角度から商品を確認できるほか、商品を配置したあとの部屋のイメージなども購入前に確認できる。

スタート時点での「ARビュー」の対応商品は家具を中心に1000点程度で順次拡大していく。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.