Sun, August 25, 2019

イーベイ・ジャパン調査 越境ECで事業者6割が基礎英語

越境ECプラットフォームを運営するイーベイ・ジャパンは4月23日、越境ECに関する実態調査結果を発表した。それによると6割以上の事業者で、基礎会話の英語力でも越境EC業務の担当者を務めていることが分かった。

同調査は3月13日~3月26日に同社の越境EC支援サービスを利用する3年目以上の日本の事業者を対象に実施。111社の各担当者111人にネットで調査した。まずは、担当者の英語力について聞くと、「基礎会話」が66・7%でトップ。次いで、「日常会話」が19・8%、「ビジネス会話」が11・7%となった。同社によると、”中学生英語”のレベルでも担当を務めているという。

また、主な販売相手国(複数回答)としては、「米国」が99・1%と2位以下を大きく引き離してトップ。次いで、「英国」の51・4%、「オーストラリア」の46・9%という順だった。主な販売商品のカテゴリーとしては「おもちゃ・ホビー・ゲーム」が23・4%でトップ。「ファッション」が19・8%、「カメラ関連」が15・3%、「音楽・レコードなど」が7・2%となった。

なお、越境ECサイトに関しての課題については、始めた当初は「配送にかかわるリスク」が60・4%、「顧客対応」が45・1%、「制度や規制に関する情報不足」が39・6%、「現地語への対応」が31・5%という順だった。しかし、現在の課題については「プロモーション」が36・0%でトップ。次いで、「必要な人員の不足」が33・3%という順となり、開始当初とは異なる課題が上位にランクインした。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.