Sat, August 24, 2019

aCL “au”冠したモール名称に、「auワウマ」送料無料の優待サービスも

auコマース&ライフ(aCL)が運営する仮想モール「Wowma!(ワウマ)」は7月25日、名称を「auワウマ」に変更する。親会社のKDDIが、「au」の携帯電話利用者に限定していたIDやサービスを、他キャリアの利用者にも開放する方針に転換したことから、仮想モールの名称に「au」を入れることで、認知拡大を図る方針だ。

モールの名称変更にあわせて、プロモーションの展開も検討している。また、KDDIの直販として出店している「ライフデザインセレクション」を「auワウマダイレクト」へ、ふるさと納税サービス「ワウマふるさと納税」を「auワウマふるさと納税」へとそれぞれ名称変更する。

7月下旬以降には、有料の優待サービス「auスマートパスプレミアム」会員向けに、ワウマで購入した商品の送料が無料になる特典の提供を開始する。商品ページに「プレミアムマーク」がついた商品を購入した際の送料が無料となるもので、すでに送料無料の商品は、購入額に対して1%のポイントを付与する。

送料やポイントの原資はaCLが負担する。新たに始めた「店舗スコア」に基づき、同社が定める基準を満たした店舗の商品のみが対象となる。サービス開始当初は店舗が扱う全商品が対象だが、配送までの日数が多いものなど、基準を満たさない商品についてはaCL側が除外する。送料無料の対象となる店舗数は非公開だが、今後拡大していく方針。

また、ライブコマースサービスとして「ライブTV」も提供する。KDDIとエブリーが共同運営しているライブコマースアプリ「チェック」と連携し、ライブ動画をauワウマのアプリとチェックで同時配信する。参加する店舗を募集し、番組はKDDI、エブリーと共同で制作する。

8月24日~9月16日まで、小学館が発行する人気ファッション誌「キャンキャン」とコラボレーションした特別番組を配信する。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.