Thu, February 27, 2020

三陽商会 ブランド別のEC開設強化、アイストアとID連携で

三陽商会は、ブランド別の通販サイト開設を強化する。一環として、9月20日には展開する人気ブランド「ポール・スチュアート」のブランドサイトを刷新し、オンラインストアと統合して「ポール・スチュアートオフィシャルオンラインストア」(画像)をオープンした。オンライン上でもブランド独自の世界観を発信することでロイヤリティ向上を図る狙い。

同社は複数ブランドを扱うモール型の自社通販サイト「サンヨー・アイストア」を運営するが、昨年買収した、ハイブランドを中心としたEC構築ノウハウを有するルビー・グループのリソースを活用し、世界観を表現しやすいブランド別通販サイトの立ち上げを進めている。

今期は3月下旬に「ラブレス」、4月中旬に「エポカ」、6月下旬には「マッキントッシュロンドン」の専用通販サイトをそれぞれ開設しており、「ポール・スチュアート」の専用通販サイトは4ブランド目となる。

三陽商会では、「サンヨー・アイストア」を継続運営しながらも、集客力の高いブランドなどを候補にブランドごとのECを新設。その際は「サンヨー・アイストア」のIDをそのまま使用できるようにしているのも特徴で、既存ユーザーの利便性を考慮した設計だ。

新設した「ポール・スチュアートオフィシャルオンラインストア」ではリアル店舗と同様に、”コンテンポラリー・クラシック”の世界観やイメージを感じながら買い物ができるほか、最新のシーズンルックをはじめ、キャンペーンや実店舗のイベント情報までを発信する。

なお、サイトオープンを記念して9月20日~10月18日まではダブルポイントアップキャンペーンも実施している。なお、「ポール・スチュアート」のEC売上高については、単独ECの開設に伴い、今期は前年比20%増を目指す。

タグ:

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.