Sun, November 17, 2019

ニトリホールディングス 上期よりECテコ入れ、AIアプリやサイト刷新

ニトリホールディングスでは今上期よりアプリへの新機能導入や通販サイトの刷新などを図り、ネット販売事業のテコ入れを図っている。

まず、ネット販売機能などを持つ「ニトリアプリ」に関しては、ソフトバンクとの協業で、AIなどを活用した商品画像検索ツールを今上期に導入。「Alibaba Cloud」の画像検索エンジン「Image Search」を日本で初めて使ったもので、顧客が希望する商品の写真やスクリーンショット画像を同アプリで読み込むだけで、ニトリの実店舗や通販サイトにある同一・類似商品が自動検索で表示され、そのまま当該商品を購入できるようにもなっている。

また、SNSの活用としては今期中をめどに、「LINE会員証」も導入する考え。友達申請することでLINE上でニトリの新規会員証を簡単に表示できるようになるという。「これまで非会員だった人の新規入会が期待でき、顧客に合わせた情報配信も行うことでワントゥワンマーケティングが可能になる」(白井社長)とした。

そのほかEC関連では8月21日に通販サイトを刷新。サイト上で実店舗での購入履歴も閲覧できるようになったほか、コーディネートやスタイルからの商品検索ができるように変更。トップページなど様々な箇所でページの速度の向上も図っている。

関連して、傘下の日用品・雑貨ブランドの「デコホーム」についても来年2月をめどにサイトやブランドロゴの刷新を行い、ECへの流入を強化することを予定している。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.