Sun, June 7, 2020

集英社 自社EC刷新し名称変更


 集英社は2月20日、運営するファッション通販サイト「フラッグショップ」を「集英社ハッピープラスストア」に名称変更し、リニューアルオープンした(画像)。同社は女性誌サイトを束ねるメディアサイト「ハッピープラス」を手がけているものの、認知度不足が課題だった。通販サイトのメディア化を推進する中で、通販サイト名をメディアサイトに寄せることで「ハッピープラス」としてのブランド力を高める狙いだ。

 「ハッピープラスストア」ではエディターやスタイリスト、モデルをはじめとしたファッションのプロの「目利き力」と、商品だけでなく着こなしやライフスタイルまで提案する「編集力」を合わせた”情報発信型コマースメディア”として、厳選した商品と記事コンテンツを毎日届ける。

 リニューアル時には、スタイリストの福田麻琴さんが大人向けのフレンチカジュアルとして進化した9つの定番スタイルを提案するほか、スタイリストの玄長なおこさんが「ティッカ」や「サキュウ」「ルシェルドハリス」などの人気ブランドとタッグを組んだスタイルアップアイテムとして、痩せ見えデニムや着痩せチュニック、着痩せワンピースなど、大人の体型の悩みを解決する商品を展開する。

 また、集英社のバイヤーが商品のお得な情報を発信する「バイヤーズボイス」や、女性が気になる占いの連載「青木良文さん監修6つのエレメント占い」と「かよムーンの開運day占い」のほか、エッセイストの小島慶子さん、ライターのトミヤマユキコさん、エディアーの内山しのぶさんのコラムを充実させた。

 旧フラッグショップのリアル店舗についても「ハッピープラス」に刷新。そごう横浜店、HINKA RINKA銀座店、そごう千葉店、渋谷スクランブルスクエア店、ジェイアール京都伊勢丹店の各店で、店頭に在庫がないアイテムを取り寄せたり、通販サイトで扱う20万点以上の商品の中から、EC倉庫に在庫がある商品は店頭で決済してもらって後日、自宅に配送するサービスを順次始める。

 集英社はサイト刷新に合わせたキャンペーンを実施。3月19日までに買い物をしたユーザーの中から抽選で1000人にゴールド会員の特典を約3カ月間提供し、いつでも送料無料やVIP専用ダイヤルの利用、イベントへの優先招待などのお得な体験が味わえるようにする。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.