Sun, October 20, 2019

独禁法、対「消費者取引」にも適用へ ―― 消費者、データ利用「懸念」7割

 

独占禁止法で規制する「優越的地位の濫用」が事業者と消費者間の取引に適用される可能性がでてきた。公正取引委員会は今年4月、仮想モールなどデジタル・プラットフォームの規制を検討する会合で「適用の可否でいえば、可能性が排除され...

ゾゾ、PB 苦戦で戦略転換図る――出店ブランドの服を多サイズ展開

 

ゾゾは今期(2020年3月期)、「ゾゾタウン」の出店ブランドが企画した服をマルチサイズ展開する新規事業や自社EC支援サービスの強化、中国再進出などに取り組み、有料会員サービス「ゾゾアリガトーメンバーシップ」で失ったブラン...

「楽天市場」のチャット有料化を7月に延期 ――アフィリエイト増額分も3カ月分楽天が負担

 

楽天が運営する仮想モール「楽天市場」では、2018年9月に全店舗へと導入した、チャット機能の無料期間を、19年6月末まで延長する。また、店舗がアフィリエイターに支払う報酬に関しても、一定期間楽天が負担する。同社では「出店...

苦戦のゾゾ、主力の「ゾゾタウン」は好調 ―― 即効薬の“有料会員制度”は副作用も

 

ゾゾは、プライベートブランド(PB)「ZOZO(ゾゾ)」のつまずきなどを理由に2019年3月期は初の減益を見込むなど苦戦している。一方で、基幹のゾゾタウン事業は、採寸用スーツの方針転換による波及効果の期待薄を除けば順調に...

Page 2 of 29«12345»1020...Last »