Sun, September 24, 2017

ジャパネットを背負う覚悟はできている【髙田旭人ジャパネットたかた取締役副社長】

 

地デジ化や家電エコポイントによる“テレビ特需”の反動などにより、2期連続の減収減益となった苦境からの脱却を図るため、2013年を”覚悟の年”とし、過去最高益の達成を目標に掲げ、それができなかった場合、「社長をやめる」と髙...