Tue, October 17, 2017

利用広がる”越境EC”の今

 

ネット販売によって海外の需要を掘り起こす動きが盛んになってきている。中国人による日本での“爆買い”が話題になっているが、その中国の仮想モールに出店し旺盛な購買意欲に商機を見い出すケースや、来店した訪日外国人をリピートにつ...

【日用品のネット販売】“普段使い”のECインフラへ、各社が攻防

 

【2012年12月号】日用品のネット販売を巡る動きがここに来て慌しくなってきている。この分野のネット販売実施企業としてはリーディングカンパニーであるケンコーコムに対し、住友商事系の爽快ドラッグが売り上げを急拡大。12月か...

日本のノウハウは海外でも活かせる

 

大手総合商社の住友商事が、海外での日用品や食品のネット販売に乗り出した。グループ企業の爽快ドラッグのノウハウを活用したもので、4月から中国・上海で、8月からはインドネシアで事業を開始する。成長が見込まれるアジアを中心に海...

【EC動向】住友商事、「爽快ドラッグ」を上海とインドネシアで展開へ

 

住友商事が中国およびインドネシアでネット販売事業を開始すると発表した。グループで健食や日用品などのネット販売を行う爽快ドラッグのノウハウを活用し、4月から中国・上海で、8月からはインドネシア・ジャカルタでそれぞれ日用品・...