Sat, September 22, 2018

【EC動向】H2Oリテイリング、離乳食のネット販売開始

エイチ・ツー・オー リテイリングは10月10日から、グループ会社を通じて離乳食のネット販売を開始する。味覚学習や偏食防止を目的とした35品目を販売する。グループの阪急阪神百貨店が商品を開発し、阪急キッチンエール関西が受注。1年目は売上高4億円を目指す。

開始したのは「賢いママの選択 離乳食クラブ」。百貨店ユーザーからの離乳食に関する問い合わせを受けて開始。阪急キッチンエール関西ではデパ地下惣菜や日常食品を扱うことからグループ内での競合はないとした。

商品開発は阪急阪神百貨店の食品企画部門が実施した。京都女子大学の中山玲子教授をアドバイザーとして招き、管理栄養士や調理師などと連携して開発。離乳食初期には主食と主菜3品目ずつをセットし12食分を販売。中期以降完了期までの月例に合わせて、それぞれ主食と主菜を4品目ずつセットし8食分または12食分を販売する。

手作りの味や食材本来の風味を重視して製造後急速冷凍することで、レトルトなどとの差別化を図った。また、湯せんによる簡単調理を提案し、母親の離乳食作りの負担の軽減につなげる考え。

食品の安全・安心を重視し、ホームページで使用した国産原料の原産地を公開し、25品目の食材でアレルゲン表示を行う。また、全品目で放射能検査するほか、製造過程で異物検査を行う。

電話や通販サイトを通じた受注や顧客対応は阪急キッチンエール関西が実施。生産を委託する工場から直接発送し、外部の配送業者を通じて顧客に配達する。17時までの電話注文で即日出荷し翌日配達を実現する。

10月10日から注文を受け付け12月に商品を届ける。阪急阪神百貨店や阪急キッチンエール関西のサイトなどと連携し既存客を誘導するほか、店頭での試食会などを通じて新規客獲得を目指す。

Share This :

Twitter Delicious Facebook Digg Stumbleupon Favorites More

Comments are closed.