2010年のネット販売市場を振り返る

【2011年1月号】本誌が独断と偏見で選んだEC業界10大ニュース

2010年を振り返ってみるとiPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)に代表される多機能端末や急激に多くのユーザーに利用されるようになったTwitter(ツイッター)などネット販売実施企業にとって新たな売り場として、また集客や販促に活用できる「新しいツール」が続々と登場した。また、ネット販売各社の間で広がりを見せ始めた送料無料化、中国を中心とした海外展開、百貨店などと組んだリアル進出などの動きも目立った。2010年のネット販売市場を振り返り、月刊ネット販売編集部が独断と偏見で選んだ「2010年のEC市場の10大(重大)ニュース」を見ていく。

 1位 スマートフォンなど登場で通販各社対応急ぐ

スマートフォンのほか、「iPad」などのタブレット端末も登場。商品の見せ方でも動画との連携など高度な表現が可能で通販事業者間で利用が広がった

 2010年はiPhone(アイフォーン)に代表される多機能携帯電話、通称「スマートフォン」が大流行。大手キャリアが続々と新機種を披露するなど話題をさらった。こうした世間の動きに対応すべく、楽天や千趣会、フェリシモ、ドクターシーラボなどがそれぞれ早々に「スマートフォン対策」に着手。例えば楽天は、仮想モール「楽天市場」を「iPhone」専用画面に最適化。ムダを排したシンプルな設計やPCサイト同様の情報量などを意識した。また、千趣会やフェリシモは「電子カタログ」を見られる専用のアプリを展開。新たなモバイル通販の可能性を探っているようだ。

 また、スマートフォンより画面サイズが大きいアップル社の「iPad」などのタブレット端末も登場。商品の見せ方でも、動画との連動など高度な表現が可能で、ニッセンなど大手を中心に通販事業者間で利用が広がった。

 これらの端末上で作動するのが「アプリ」と呼ばれるサービス。GPSを利用した位置情報の活用や、独特の「タップ」という操作など、ウェブにはない特徴を備えている。まだ提供しているプレイヤーはそれほど多くはないが、スマートフォンやタブレット端末の流行は当分続くと思われるため、2011年に一気にブレイクする可能性は高そうだ。

(2位以下の続きは「月刊ネット販売」2011年1月号で)  ご購読はこちらからどうぞ。

EC市場最前線レポートの最新記事4件

NO IMAGE

国内唯一の月刊専門誌 月刊ネット販売

「月刊ネット販売」は、インターネットを介した通信販売、いわゆる「ネット販売」を行うすべての事業者に向けた「インターネット時代のダイレクトマーケター」に贈る国内唯一の月刊専門誌です。ネット販売業界・市場の健全発展推進を編集ポリシーとし、ネット販売市場の最新ニュース、ネット販売実施企業の最新動向、キーマンへのインタビュー、ネット販売ビジネスの成功事例などを詳しくお伝え致します。

CTR IMG