CATEGORY

無料公開記事

  • 2019年5月27日
  • 2019年5月27日

独禁法、対「消費者取引」にも適用へ ―― 消費者、データ利用「懸念」7割

独占禁止法で規制する「優越的地位の濫用」が事業者と消費者間の取引に適用される可能性がでてきた。公正取引委員会は今年4月、仮想モールなどデジタル・プラットフォームの規制を検討する会合で「適用の可否でいえば、可能性が排除されるものではない」とコメント。今 […]

  • 2019年5月27日
  • 2019年5月27日

ゾゾ、PB 苦戦で戦略転換図る――出店ブランドの服を多サイズ展開

ゾゾは今期(2020年3月期)、「ゾゾタウン」の出店ブランドが企画した服をマルチサイズ展開する新規事業や自社EC支援サービスの強化、中国再進出などに取り組み、有料会員サービス「ゾゾアリガトーメンバーシップ」で失ったブランドとの信頼関係を取り戻す。一方 […]

  • 2019年4月25日
  • 2019年4月25日

エブリーの動画コマース、企業チャンネルを拡大 ――決済手段拡充し「カゴ落ち」減らす

動画サイト運営のでは、スマートフォン向けのライブコマースアプリ「CHECK(チェック)」において、ロフトや東急ハンズといった有名小売り企業と協業した専門チャンネルの開設を進めている。今後はアパレル企業や家電メーカーなどとのコラボレーションも検討するほ […]

  • 2019年3月25日
  • 2019年3月25日

苦戦のゾゾ、主力の「ゾゾタウン」は好調 ―― 即効薬の“有料会員制度”は副作用も

ゾゾは、プライベートブランド(PB)「ZOZO(ゾゾ)」のつまずきなどを理由に2019年3月期は初の減益を見込むなど苦戦している。一方で、基幹のゾゾタウン事業は、採寸用スーツの方針転換による波及効果の期待薄を除けば順調に成長している。2018年12月 […]

  • 2019年3月25日
  • 2019年3月25日

ARミラーでバーチャルメイク体験、京東集団が日本へ投入 ――気に入った商品はEC購入、データ収集でマーケ支援も

「様々なブランド、商品のメイクの色合い、実際には試さずに“試せます”」──。中国大手のネット販売事業者で仮想モール事業も手掛ける京東集団(ジンドン)は今春から、AR(拡張現実)技術を使って、モニター画面上に映し出された利用者の顔に、様々な色合いの口紅 […]

  • 2019年1月25日
  • 2019年1月25日

ファーストリテイリングのアプリ戦略の進捗は? ――マーケティングデータへの活用はまだ道半ば

ファーストリテイリングでは2017年春よりEC専用の物流機能を有した有明オフィスの新拠点をベースにして実店舗とデジタル(ネット)の融合を目指した「有明プロジェクト」に取り組んでいる。中でも顧客接点の改革という意味では、コミュニケーション機能を有する公 […]

NO IMAGE

国内唯一の月刊専門誌 月刊ネット販売

「月刊ネット販売」は、インターネットを介した通信販売、いわゆる「ネット販売」を行うすべての事業者に向けた「インターネット時代のダイレクトマーケター」に贈る国内唯一の月刊専門誌です。ネット販売業界・市場の健全発展推進を編集ポリシーとし、ネット販売市場の最新ニュース、ネット販売実施企業の最新動向、キーマンへのインタビュー、ネット販売ビジネスの成功事例などを詳しくお伝え致します。

CTR IMG